春のナヴァラトリが近づいています

ヒンドゥーの伝統では毎年、春と秋に聖なる母への敬意と祈りを捧げる10日間を祝います。これが、ナヴァラトリです。

ナヴァラトリとは、猛々しくすらある強烈な愛を放つ女神マハ・ドゥルガーが、三つの姿でこの世界に現れたという神話をもとにした祭日です。

聖なる母の三つの姿であるマハ・カーリー、マハ・ラクシュミ、マハ・サラスヴァティ。

マハ・カーリーは「活力」、マハ・ラクシュミは「美と健康と豊かさ」、マハ・サラスヴァティは「学びと叡智と悟り」という特質を持っています。

ナヴァラトリの間に、サダナ(スピリチュアルな修練の実践)、祈り、ヤギャを女神たちに捧げると、

それぞれのエネルギーと特質を全身で受け取ることができると信じられています。

今年の春のナヴァラトリは3月25日(水)から4月2日(木)までの9日間と、4月3日(金)のヴィクトリー・デイを含めた10日間です。