春のナヴァラトリ 4月6日〜8日 カーリーに捧げるサダナ

今日からいよいよ、サイマーの来日プログラムとともに、春のナヴァラトリです!

今年は日本でも元号が変わる、新たな始まりの年。サダナを通して古いエネルギーを解消して、新たな自分自身、本当の自分へとさらなる一歩を踏み出されることをおすすめいたします。

春のナヴァラトリの最初の三日間、カーリー神のエネルギーとともに行うことのできるサダナの一例です。

 

マハ・ドゥルガーは私たちに恐れを知らない心と強さをもたらし、私たちの心の中に生まれる悪魔を抹消してくれます。私達は自分が作り出した、性癖やパターン、話の筋書き、愛着といったものの、わなにはまることがよくあります。マハ・ドゥルガーという聖なる母は、カーリーという偉大な戦士の女神の姿で降りてきて、私達を錯覚から解放してくれます。最初の三日間は、このカーリーへ捧げるサダナを行うことで、活気あふれる人生のエネルギーを内面で活性化できます。

この期間のサダナにお使いになれる、サイマーのブラマチャーリ(僧尼)による解説付き誘導瞑想をダウンロードしていただけます。瞑想に最適な時間帯は早朝、1日の活動を始める前の時間です。

  1. プラナーヤマ:5分間の「火の呼吸法」のプラナーヤマをおこないます。
    プラナーヤマとは
  2. ジャパ(マーラを使ってマントラを唱える):カーリーに対するマントラ、オーム・クリーム・カリカィエイ・ナマハ を10分間唱えながらジャパを行います。
    ジャパとは
  3. サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、カーリーの波動に浸ります。

サイマーの教え

カーリーに関してサイマーはこう教えています。

カーリーマータ(聖なる母カーリー)を敬うことは、悟りをもたらしてくれます。カーリーマータとシヴァ神は共に悟りへ導く力をもち、カルマを清め、クンダリーニを活性化させます。悟りを開きたければ、カーリーマータとシヴァのどちらか、又は両方に祈りを捧げてください。シヴァはカルマを清め、カーリーマータは心を整えてくれます。カーリーマータの首に巻かれている頭蓋骨の一つ一つは人間の思考を象徴しており、カーリーマータはそれを食して首に飾ります。カーリーマータが頭を切るとき、それは限られた思考や心を滅却することを意味します。カーリーマータはエゴ(自我)つまりもって生まれた性格という人間の側面の上で舞い踊ります。カーリーマータの心は蜜のように甘く、優しく、柔和です。カーリーマータは弟子に対して非常に情熱を持って向き合い、毅然と尽くします。私達の常に揺り動いているマインドや心を中心におさめてくれます。カーリーにチャンティングしましょう。ハートと体を開けば、癒しがすぐにもたらされます。オープンになってください:開放への鍵は私たち自身の中にあるのです。向き合いたくないエネルギーが向かってきた時、それに挑戦して向かってゆきましょう。

 

自分への問いかけ

以下の自分自身への問いについて考えてみてください。ジャーナル(日誌)に自分の考えを記録するのも有効ですのでぜひ実践なさってみてください。

  • 私は自分の思考、感情、エネルギーを意識しているだろうか?
  • それらは愛に基づいているか、それとも恐れに基づいているか?
  • 偉大なる自分、それともエゴ・人間としての自分(人格)に基づいているのか?
  • 自分自身に対して正直になろうとしているのだろうか?
  • 自分にとってプラスにならないことを変えていくように行動を取ることに専念していないだろうか?
  • 自分のパターンを見つけ、自分の思考や感情やエネルギーをシフトさせることに真剣に取り組んでいるだろうか?
  • 変容していく自分を受け入れて、愛することができているだろうか?
  • それとも自分を評価して価値のない人間だと批判していないだろうか?

カーリーへと捧げるサダナを通じて、ご自身の人生をパワフルに活性化なさってください。

この期間中にサイマーのアシュラムで執り行われるサラスヴァティのヤギャのスポンサーとなることで、カーリーのエネルギーと祝福をあますところなくお受け取りになれます。
こちらからご登録いただけます。
(お申し込み期日については登録ページをご覧ください。)