サイマ―来日のダルシャンの内容の変更:入場無料

皆様、 クンバメーラから戻ってこられたサイマーは全身をもって愛とシャクティ(エネルギー)を日本の来日ツアーに集中し始めました。そこで、サイマーから昨日この言葉をいただきました。“ダルシャンは神の存在を皆様に受け取っていただくものです。できるだけ大勢の方が無料で一瞬でもダルシャンを受けに来られる場を作ってください。”と。そこで急遽今回のダルシャンを考え直し、経費の節約、会場の変更、そしてダ[...]

サイマーのダルシャンを日本で。。

2013年のマハ・クンバメーラ際が終了しました。1億人が訪れたとされている、144年に一度の世界最大の神性なるお祭りしでした。1ヶ月かけて建設されたサイマーのシャビールもあっという間に取りこわされ、土地はガンジス川に返されていきます。しかし、この5週間の間にいただいた祝福とお祈りで何千万人もの人生が変わりました。私達はこの時代を体験できる、最高な時期に生まれてきています。 サイマーはこ[...]

クンバメーラより:マハ・クンバメーラの終了にあたって。。2013年2月18日

大食堂で寝ることになった夜明け(雨がひどかったので食堂へ引っ越しをしなければいけない人が沢山いました)、数週間前からホールに住み始めた巡礼者が吹くほら貝の音で生徒たちは目覚めました。ヴェーダが声明(しょうみょう)された同じ場所で寝泊まりしたので、よりリラックスし、シャクティが深く入っていくのを感じました。深く穏やかな眠りの後は、朝食、そしてマタジとのサットサング、ダルシャンと続きました。 [...]

クンバメーラより:4典のヴェーダ  2013年2月16日

空が暗くなりました。土砂降りの雨になり、 シャビールのプラスチックの屋根の上を水がはねる音と共に50人のパンディットがヴェーダを声明するのを聞く事になりました。シャビールを水浸しにした激しい雨の力と50人のパンディットの声の力は調和がとられていました。雨水が貴重品やしっかりと防水処理された電気製品の間を流れていた頃、私達はヴェーダの波動に浸っていました。 沢山のテントが集まり一つの都市の[...]

クンバメーラより:バレンタインズ・デー 2013年2月14日

2月14日といえばバレンタイン、実は特定企業のキャンペーンであるという一面も含む、アメリカでは一大イベントです。バレンタインデーについて色々な考え方がありますが、愛と関係について考える事ができる、とっておきのチャンスではないでしょうか。私たちの様なスピリチュアルコミュニティーでは、「健康な関係とはどのようなもの?」や「愛と無条件の愛の違いは何?」といった質問をするでしょう。また、結婚をする[...]

クンバメーラより:クンバメーラでの新しい一週間の幕開け 2013年2月12日

今朝早く、4週目の生徒たちに別れを告げました。良いスピリットで彼らの旅の次のステップへ進むため、ここを去りました。クンバメーラのロイヤル・バス(大沐浴)を経験した者にとって、人生はもう同じ事の繰り返しではありません。最後の週までセイヴァとして残ってくれた生徒には感謝の意が送られました。マタジはシャビールを歩いて、部屋の掃除や倉庫エリアの整頓、ダイニングホールやダルシャンエリアの準備の指示を[...]

クンバメーラより:マーとの時間 2013年2月11日

今週を通して数回、幾人かの生徒が、人生に一度などではなく一週間を通して何度もマタジの足元に座り一緒の時間を過ごせる事がどれほどに祝福されている事かについて話しました。また、ある人々はグルと物理的に会って、距離という幻想にとらわれず深い愛と信心を育む人もいます。生徒の皆は旅の最終日の夜、ラスレラの優雅なダンスパフォーマンスをマタジの足元に座り観賞出来た事に深く感謝していました。情熱的[...]

クンバメーラより:ロイヤル・バス (大沐浴)2013 年2月10日

マタジのシャクティを通し、更にマタジと私たち自身の神格に感謝を深め続けました。2月10日のロイヤルスナーン(沐浴)はマハクンバメーラでは一番神聖な日でした!百万人の人々と共に太古の伝統にのっとり聖なるガンジス川、ヤムナ川そしてサラスワティー川の交わりが生み出す聖なる水に沐浴しました。天文学とヴェーダに起因する占星学では、この日天は完全に一列戦に並んでいたと言います。これは次の147年起こ[...]

クンバメーラより:ディクシャ、ラスレラとロイヤルバス(沐浴)2013年2月9日

今朝シャビール内の庭は平和で満ちていました。モハン・ダスやジャヤンドラ・ダスやダイナンダを含むブラフマチャリが新しいブラフマチャリのイニシエーションを受ける所を参加者の方々は目撃しました。シャシ・ダールが式典中に唱える美しい声がシャビール内をかけめぐりました。グルとその弟子の間に結ばれる絆の式典に同席できるという事は何事にも代えがたい栄誉でした。 その後も生徒達とアラハバードのコミュニテ[...]

クンバメーラより:マーなしに以前はどういうあなたであったでしょうか? 2013年2月8日

「言葉はありふれていますね」と、グルディクシャを受けた経験談をもとにベスは言いました。ベスは他の多くの人の様にマタジを自分のグルとしてハートに受け入れていましたが、この式典に参加した事によって前には感じた事のない一つの達成感があったと言います。「達成」と「完成」、そして「献身」という言葉が先週から今週の式典からあがってきました。献身がどのように達成や完成と関係があるのでしょうか? グルデ[...]

クンバメーラ 4典のヴェーダの祝典!

サイマーはクンバメーラで一番の頂点となるこのイベントにあなたを招待します!この奇跡とも言えるクンバメーラを体験しにインドまでいらした方が大勢います。そして、多くの人はハートやサイマーのウェブサイトの写真を通したり、聖なるヤグナを通して私達とつながり持ってくれました。このキャンプにいれたら、と思っている方も大勢いるに違いありません。そんな思いをお持ちの方、まだ2月16日に行われる最後の聖なる[...]

クンバメーラより:クンバメーラでの大雨!2013年2月7日

なんてことでしょうか!クンバメーラでは大雨の天気でヤグナ(火での浄化)が始まる一晩前に水で浄化をして下さいました。インドの文化では雨は神なる存在からの大いなる恩恵として受け取られており、それはクンバメーラ祭ではなおさらです。マタジーのシャビールは文字通りに恩恵(大雨!)であふれかえり、生徒達は真夜中に水浸しになったベッドと雨で壊れかけた屋根の中で目をさましました。皆外に出てきてマタジーがシ[...]