2019年サイマーの新年のグローバル・アドレス(講話)

2019年。新たな一年、私たち自身の望む人生とこの世界の新たな時代の意識的な創造に向けて、

ジャガットグル・サイマー・ラクシュミ・ミシュラが、世界の皆さんへ新年のメッセージを捧げました。

以下のリンクの両方から録音をお聴きいただけます。

サイマーのこの録音を6月または7月まで数ヶ月間、毎月最初の日曜日に聴くようにすすめています。

*録音の始まり部分はサイマーのアシスタントであるキャラ・カンパーニの紹介でスタートします。サイマーの講話は4分31秒からの約60分間です。

https://chirb.it/JgBhOn

日本語訳つきはこちらからお聴きになれます。

https://chirb.it/vMbDw2

 

このコールの中でサイマーが語っている映画“『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』” の当該箇所は本編の1:40:27 から 1:41:27にかけてです。

マーがグローバル・アドレスで語っていることにを描いた、根源からの魂の旅(ジャーニー)が以下の絵です — 私たちは生まれ、いくつもの生を通して意識を進化させ、最終的に根源に還ってゆきます。私たちが肉体を離れる時、私たちのガイド(守護の存在たち)が私たちを休息の場所(絵の右側)へと連れて行ってくれ、そこでは無数の魂たちが、肉体を離れた時点での自分自身の意識レベルに基づいた、異なる階層で休息しています。そこで魂としての私たちは、地球へ戻る準備を整えるのだとサイマーは語っています。